ABBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 振り返らず泣かないで。

<<   作成日時 : 2010/04/16 06:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

4月8日、メルパルク東京。
きたやまおさむ レクチャー&ミュージック「ライブ・コンサート・生きてます!」

去年の秋に加藤和彦さんが亡くなって、その悲しみからなかなか抜け出せず、一ファンの私でさえそうなので、北山さんはどうなんだろうと思っていた。

そんな中、レクチャー&ミュージックのお知らせが届いた。

「きたやまおさむが博多のライブハウスでであった行徳伸彦。フォークル、ズートルビー、北山修、きたやまおさむ、自切俳人とヒューマンズーが網羅されたすばらしい音楽。すばらしい音楽から元気をもらったきたやまが、行徳伸彦とライブを行います。伝音楽のすばらしさを体験してください! 」

とある。
行徳伸彦とOK退職記念バンドっていったい誰?と思いつつ出かける。

いつもなら舞台の袖から北山さんがそっと登場して、前座のようなお話をして、そして音楽という流れなのだけれど、今回は始めに行徳さんが出てきて、歌い始めた。
初めて見る面々に、目と耳を奪われていたけれど、4曲目だったろうか『感謝』が始まると、自分でもびっくりするくらい、どっと涙があふれた。
去年、イムジン河コンサートでやり直しをしながら、リコーダーを吹いていた加藤和彦さんがそこにいたような気がした。

そんな想いにすっかりはまっていたけれど、北山さんは加藤さんを想うところから、加藤さんのための歌を作る時期になった、と言い、『早く逝こうとする君』という曲を歌っていた。

歌をやめようと思ったけれど、歌い継ぐことのすばらしさに出会った、と言った。

ラジオでも加藤さんの特集をしながら、現実を認め始めているかのようだったけれど、その先を見つめているんだなぁと思った。

とてもいい時間を過ごしたけれど、最後に皆で歌った国民歌謡(北山さん曰く)『あの素晴らしい愛をもう一度』で、また涙が出てしまった。


画像「感謝」

  長い橋を渡る時は
  あの人は帰らぬ
  流れ星の ふりそそぐ
  白い夜の船で
  消える御霊見送りながら
  心からの感謝を

  深い川を越えたならば
  わたくしも戻らぬ
  だから今が 大事すぎて
  幕が降りるまでは
  恨みつらみ語りつくして
  心からの感謝を

  恐がらないで顔を上げて
  見守っているから 
  陽はまた昇る 昨日のことは
  振り返らないで
  次第次第うすれる意識
  さらば愛しき者よ





★北山修 *フオ?クル 加藤和彦さん:楽オク中古品
楽天オークション
※以下を必ずご確認ください。こちらは、楽天オークションへ参加している出品者より出品されている商品です

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です
衝撃的なニュースから もう随分と時間がたって居るんですね
北山さんがどうしているか 私も気になっていました
そうですか  前を向いて 歩きだしたんですか
ホッとしました  良いコンサートに行かれたんですね!!
今度誘ってください!!
deko−chan
2010/05/22 00:35
deko-chan、ずっとお返事せずごめんなさい。
この後、また行ってきました。近々、報告します。
私たちの年代は、つくづくエネルギーの要る世代だなぁと思います。
時々意識的にエネルギーを補給しないといけませんね〜。
精神的にも肉体(?)的にも・・・また、どこかの屋上とかで補給しましょうね〜。
コメント、ありがとうございました。
エビ(AB)
2010/06/05 08:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
振り返らず泣かないで。 ABBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる